Skip to content

スノボにバスで行く場合は耳栓を持参する

スノボに行った帰り道はどうしても眠たくなってしまうものです。眠たくなる理由としては、体が疲れているというのもありますし、寒いところから暖かい車内に入ることによって眠たくなってしまいます。万が一運転中に寝てしまうような事があってはいけませんので、無理はしないようにしなくてはなりません。休憩をしながら帰るようにするとか、友人と運転を変わりながら帰るようにするとか、眠気覚ましでガムを噛むようにするといった風に、工夫も必要になります。

しかしそれだけしていたとしても、眠くなる時は眠くなるものです。毎回眠くなって帰り道で危険な思いをしている人は、自分で運転をして行かない方が安全です。次の日に疲れて寝過ごしてしまう人ならば、無理をしない様にバスでスノボに行くようにしたほうがいいでしょう。バスでスノボに行けば、帰り道はずっと寝ていることが出来ますので、帰るまでにある程度疲れを取ることが出来、次の日に寝過ごすこともないはずです。

しかし、バスで眠れるかどうかはわかりません。疲れているところに揺れが気持ちよくなり、暖かい車内ですのですぐに眠りにおちそうですが、周囲が騒がしければ眠ることは出来ないでしょう。数人のグループで参加している人は帰り道もみんなで盛り上がっている可能性がありますので、騒がしくて睡眠のさまたげになってしまいます。どうしても帰り道に寝ておきたいのであれば、耳栓などを持参していくようにするといいでしょう。

スキーツアーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です