Skip to content

シール・ステッカーの製作で用いられる紙の種類

日常生活から仕事まで様々な場面で用いられているシール・ステッカーは、紙の素材にさまざまな種類があります。購入をする際には、素材の特徴が目的や用途にあるかどうかをよく判断した上で行動に移しましょう。シール・ステッカーの素材でもっとも良く用いられているのは、光沢紙です。写真用紙と同じような素材でできている光沢紙は発色が良く、見栄えが良いことから幅広い用途で用いられています。

一方でオフィス内の事務作業などで用いられることが多いのは、普通紙および上質紙です。こちらは光沢が無くて一般的な印刷用紙に近いですが、鉛筆やボールペンなどといった一般的な筆記用具で表面に内容を書くことができる筆記性の良さが特徴です。光沢紙や普通紙のシール・ステッカーは、屋外での利用には適していません。もし、屋外での作業中にモノにシール・ステッカーを貼るのであれば、耐水性や耐久性に優れた素材の用紙を選びましょう。

屋外での用途に適している用紙には塩化ビニル紙、ポリエステル紙、ユポ紙などがあります。耐水および耐久の性能が良い一方で筆記性は悪く、ラベリングをするときは油性のマーカーを使わないとまともに書けないので注意しましょう。商品のパッケージやノベルティには、ホログラムフィルムが用いられたシール・ステッカーがおすすめです。用紙の価格はこれまで述べたものと比較すると高いですが、常にメタリックでキラキラと光っており、手にしたも者にインパクトを与えられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です