Skip to content

シール・ステッカーを作るときは社内で確認を

シール・ステッカーを作るときに注意するポイントは、どんなデザインにするかです。デザインによってはラメやホログラムを利用して目立たせることもできます。ターゲット層が喜びそうなデザインや、利用する人のことを考えて提供することを心がけることが、良い物を作る重要なポイントです。特に小さい子供とその親をターゲットにしている人の場合、子供と親が両方喜ぶようなものを作っていることが大切となりますので、ターゲット層が何を求めるのかを慎重に把握しなければなりません。

親子で楽しめるようなものはどんなものがあるのか、ターゲット層にとって何が魅力となるのかを把握することは、重要なポイントです。ターゲット層が利用するときにどんなものに関心を抱くのかを考えて、作ったらいいものを決めることができるでしょう。作るべきアイテムを決めるためにはその年代層の関心の高いとされているアイテムを複数確認し、どんなものを自社の商品とコラボレーションするかなどをも確認して製作することが望ましいです。また、制作する上でデザインが決まったら、ターゲット層に適切に訴求する内容になっているのか、どれくらいの費用がかかるのかについても正確に把握しなければなりません。

ターゲット層となる社員が自社内にいる場合、見本をいくつか用意してシール・ステッカーに良いと思われるものをアンケートで選ぶことも重要です。実際にターゲット層となる人々からの生きた声となるため、シール・ステッカーを作るときの参考にしてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です