Skip to content

シール・ステッカーを使いこなそう

シールとステッカーは混同されがちですが、実際はやや異なっています。後者のほうが耐久性に優れており、例えば工事現場のヘルメットに使用されています。シールのほうが安く制作できますが、屋外で使用すると雨に濡れてボロボロになってしまうのです。紫外線で色褪せる問題もありますから、屋内か屋外かでシールとステッカーが使い分けられています。

シール・ステッカーを制作する場合は、耐用年数も考慮しておいてください。数か月くらいしか使用しないのであれば、シールで事足りる場合があります。シールの素材は紙だけでなく、なかにはフイルムタイプもあります。こちらは防水性があるので、水に濡れるような使用状況で適しているでしょう。

ステッカーは年単位での使用を想定しており、耐水性と耐候性の両方を期待できます。バイクやクルマなどに貼るときは、シールではなくステッカーを使用します。屋内で使用する状況ではシールで十分ですが、あえて長持ちさせたいという理由でステッカーを購入する人はいるので、目的によって使い分けてください。シール・ステッカーの制作は専門店に依頼するのが基本です。

どのような素材に貼るかによって、シール・ステッカーの材質を選択しましょう。接着剤は素材によって相性の良し悪しがありますが、まさしくこれと同様です。適切な素材を選択しなければ、すぐに剥がれてしまったり、ボロボロになったりします。安さだけでなく耐久性も考慮し、コスパを追求してください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です