Skip to content

シール・ステッカーで使われる素材

さまざまなシーンでシール・ステッカーが必要になることもあるでしょう。その場合はどのような素材があるのかチェックしておくのがおすすめです。紙素材は耐久性が低いため、屋内での使用に向いているとされています。しかし、価格が安いですし、加工しやすいといったメリットもあるので人気が高くなっています。

紙素材の中でも上質紙は最も一般的であり、お菓子や酒などに使われていることが多いです。上質紙に顔料コーティングを行ったアート紙もよく使われる素材です。こちらは光沢があるのでカラー印刷に向いており、華やかな印象にできることが特徴です。アート紙にさらに艶出しを行ったのがミラーコート紙であり、高級な印象にできるということです。

鏡のような光沢と鮮やかな仕上がりが特徴となっており、調味料などに使われることが多いです。クラフト紙はパルプ紙に漂白行程を行わない素材であり、強度の高さが特徴となっています。ダンボールや重包装などに用いられることが多いでしょう。見た目は少し暗い色合いとなりますが、素材を生かしたい場合に最適です。

また、和紙を使用すれば、和風な商品に最適なシール・ステッカーができるでしょう。ポリプロピレンを使用した環境に優しい素材が使われることもあります。これは水に強いというプラスチックの特性だけでなく、白くて綺麗な紙の特徴も持っているということです。フィルム素材の中では最もシール・ステッカー印刷に向いているとされており、いろいろなシーンで使用されています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です