Skip to content

シール・ステッカーの違いや使い方

雑貨屋さんなどで一目惚れして購入したり、友達から貰ったりお菓子のおまけに付いてきたシールやステッカー。何処に貼ろうか決まらずに机の引き出しの中に入れたままや、手帳に挟まったままだったりすることがよくあります。そんなシール・ステッカーですが、その違いが分かれば何処に貼ればいいか、良いアイディアが浮かんでくるかも知れません。シールからですが、素材は紙がベースとなっていますので、水濡れには弱いです。

封筒の封だったり手帳のスケジュールの目印だったり、水濡れを想定しない箇所へ貼るのが良いです。ステッカーの素材は塩ビやPETなどの素材が使われております。水濡れに対して耐久性があるので屋外での使用にも向いています。車やバイクなどに貼られているのをよく見かけます。

シール・ステッカーにはお気に入りであったり、思い入れがあったりします。あえて貼らずに大切にしまっておくのもありでしょう。目につく場所へ貼り、気分を上げるものありです。これは自分の物だと目印にシール・ステッカーを貼るのもいかがでしょうか。

ノートの表紙であったりスーツケースなど。他と見分けをつける為の貼り方もあります。水濡れに強いステッカーならタンブラーやマグカップなど貼っても洗ってもすぐに剥がれたりはしません。スマホやモバイルバッテリーに貼って個性を主張するものありです。

お気に入りのシール・ステッカーで気分が上がればやる気ににもつながるかも知れません。そんなシールやステッカーは目印や個性を出すに手軽なアイテムです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です