Skip to content

シール・ステッカーを綺麗に剥がす方法

自家用車に貼るシール・ステッカーは様々な種類があり、趣味で好きなシール・ステッカーを貼ったり、エコカー減税シールや車券証明シールなど必要に応じて貼るタイプもあります。特に車券更新時や車の買い替え時には古い車券証明シールを剥がす機会もありますが、シール・ステッカーは簡単に剥がれないように強力な接着剤が使用されており、粘着力が高い特徴を持っています。無理に力任せで剥がそうとするとシールの跡がガラスなどについてしまう可能性があるので、綺麗に剥がす方法を知っておくようにしましょう。まず車に貼るシール・ステッカーの特徴は、ノリや接着剤の粘着層と文字やデザインの書いてある表面の2層で構成されています。

これはセロハンテープと同様の構成であり、シールを張った後にデザインの書いてる表面の層だけ剥がれてしまえば車のボディやガラスに跡がつきます。粘着層が跡になるとゴシゴシ擦って落とすわけにはいかないので、対策としては熱湯をかけてゆっくり剥がすと綺麗に取れます。ただし冬場など気温が低くなる季節は冷たいガラスに熱湯をかけると、急激に熱くなって割れる原因となるので注意しましょう。熱湯が用意できない場合はドライヤーで温めても同様に剥がれやすくなりますし、面倒ならばシール剥がし専用溶液を使用しましょう。

溶液をシール・ステッカーに塗って浸透させてから、ゆっくり剥がせば跡が残りません。カー専門店などで手に入れることができるので自宅に一つ用意しておくと便利です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です