毛穴の役割とケア方法について

毛穴は肌の状態を表すバロメーターのひとつです。皮脂が過剰に詰まればニキビなどやふきでものなど炎症の原因になり、年齢とともに顔の皮膚がたるんでくるとたてに細長く目立つようになります。また新陳代謝力が衰えてくると黒ずむだけでなく、老廃物がたまると加齢臭を発するようになります。部位によって目立ちやすさも異なりますが毛穴は外的刺激から肌を守ると途に体温調節の役割も果たす大切な器官です。

美肌の維持のために必要な皮脂の分泌源でもあり、美容健康療法の面から常に清潔に保つことが望ましい状態です。そのためにはまず適切な洗浄と保湿をすることが大切です。洗いすぎると肌を守るため余計に皮脂が出てさらに乾燥をまねくため逆効果です。保湿は年代や肌質を考慮します。

クリームなどは適量にしておき、詰まりを引き起こさないように留意が必要です。食事バランスや運動量に気をつけることで肌は栄養分を正常に受け取ることができるとともにターンオーバーの周期も正常に保たれるため、毛穴の健康にはプラスです。炎症やエイジングに関してはコスメに頼るほか、本格的に美容医療で改善する方法があります。イオンによるディープクレンジングで汚れを取り除くほか、殺菌のためにはビタミン誘導体の導入が有効です。

またレーザーによる熱は毛穴をきれいにするだけでなく、同時にコラーゲンの再生を促すため肌に弾力がよみがえり、毛穴を目立たなくするアンチエイジング効果も同時に得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です