美容外科で行われる美白治療

肌のシミやそばかすをとりたい、透明感のある明るい肌にしたいなどの目的で行われる美容外科の美白治療には様々な方法があります。主流となっているものにはレーザー治療、ケミカルピーリング、フォトフェイシャル、塗り薬、ビタミン誘導体導入などが挙がります。その中でもレーザー治療はシミに対する治療では、とても馴染みのあるものといえます。これはレーザー照射により深い所にある色素を破壊するというもので、美容外科ではシミの他にもほくろ除去などにも使われる方法です。

集中的に狙いを定めたシミ除去に向いており、治療後はかさぶたができるなどの期間があり、見た目の点で数日間支障は出てきます。似た方法で特殊な光照射を行うフォトフェイシャルがありますが、こちらは広い範囲で点在する薄くて細かいシミに対して有効とされています。また酸の力で表皮に滞った古い角質や汚れを取り除きターンオーバーを促すケミカルピーリングはくすみの目立つ肌に向いているとされています。近年美容外科で需要のある美白治療ではビタミン誘導体導入やプラセンタ点滴は真皮に美白に有効な成分を効率良く届ける方法で、治療による痛みや治療痕が残らないことが大きな利点になっています。

そしてトレイチノン軟膏やハイドロキノン軟膏などの塗り薬を使用した方法もあり、様々な治療と並行して行われたりもします。美白の治療方法はかかる期間や費用、伴うリスクなどそれぞれ違いがありますが専門医の診断の元、自身の肌の状態や目的により適した方法を選択することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です