乾燥肌の改善には化粧水が必要なのか

本来の肌は水分や油分が適切な状態になることで紫外線や排気ガスのような外的要因から身を守ることが出来ます。しかし乾燥肌は肌の水分が不足しているため、この機能が衰え外的要因を受けやすい状態になり、それが原因で敏感肌になることも珍しくありません。敏感肌になると化粧品が合わなくなったりするだけでなく、埃っぽい場所にいるだけで肌が痒くなったりと、外的要因を受けた時に肌に異常が出やすくもなるため注意が必要です。そこで乾燥肌を改善するために化粧水を使用する人もいますが、それは本当に効果的なのでしょうか。

化粧水にはコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が配合されていることが多いのですが、使用することで肌に水分を吸収させ、肌の調子を整える効果があります。つまり肌が乾燥している乾燥肌には化粧水の使用は効果的であることが言えますが、ただ単に使用するだけでは肌の水分と一緒に蒸発してしまう可能性があります。そこで使用後には乳液やクリームをしっかりと塗り油膜を張ることで、保湿成分を閉じ込めることが大切になります。中には化粧水を使用した後に美容液を塗って終わりにする人もいますが、美容液は油分が含まれていないため、油膜を張る効果はありませんので、しっかりと乳液やクリームを使用しましょう。

最近では空調設備が整った部屋が多く、小さな子どもも乾燥肌になっていることは珍しくありません。しかし子どもの肌は大人よりも薄く刺激を受けやすいため、肌の保湿のために化粧水を使用するのであれば敏感肌用の様な刺激の弱い商品を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です