乾燥肌に悩む人の化粧水利用法

乾燥肌で悩む人は、できるだけシンプルなケアを心がけなければなりません。化粧水等の化粧品に添加物が含まれているとバリア機能の弱まった肌には大きなダメージになってしまいますので、添加物が含まれていないことが重要です。たくさんの成分が配合されている化粧水を使うと美容成分の数も多くなりますし、添加物の種類や量も増えて刺激を受けてしまうことが多くなります。ですから、必要な成分だけを的確に届けるシンプルなつくりの化粧水を使うことが大切です。

必要な成分にはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンがありますが、これらは角質層にしっかりと届いて保湿を行ってくれます。乾燥肌の化粧水ケアでは角質層まで有効成分を行き渡らせることが目的ですので、浸透しやすい成分を取り入れるようにします。保湿作用に優れている成分の代表としてセラミドが有名ですが、セラミドは水に溶けにくいので美容液やクリーム、乳液等の油分が含まれているものに配合するのに適しています。乾いてバリア機能が低下すると毛穴が目立ち始めますので、毛穴ケアの行える化粧水を選ぶことも大切です。

乾燥肌の場合、肌のターンオーバー周期が乱れて角質を厚くしてしまうことを考慮して、角化を整える成分であるグリシルグリシン等が有効です。角化が進むと毛穴が詰まりやすくなり汚れが目立つようになりますし、毛穴の開きにも悩まされるようになります。乾燥肌の人にキメの粗さが目立つケースが多いのはこのためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です