エイジングケア化粧水のおすすめ成分

エイジングケア化粧品には年齢に抗うための成分が配合されていて、しわやたるみ、ほうれい線、たるみ毛穴、目の下のクマなどの改善や予防を目的に使われます。30代から使い始める人が多いですが、鏡を見てまぶたなどに何と無く影を感じるようになったら、早めに切り替えることが大切になります。エイジングケア成分で多いのが「酸化」を予防する抗酸化物質ですが、最近では「糖化」にも着目されています。酸化が身体のサビなら糖化はコゲといったところです。

糖化は肌の黄ぐすみの原因になり、ハリや弾力を損なわせてたるみに繋がります。また、老けて見えるほうれい線も糖化が原因だと分かってきました。身体のサビを防いだりコゲを和らげるには、エイジングケア成分にこだわった化粧水を使う必要があります。サビに対する成分は、赤い海洋生物などから抽出されるアスタキサンチンや、大西洋沿岸に生息するフランス海岸松の樹皮から抽出されるピクノジェノールなどがよく使われています。

コゲは一度糖化するとエイジングケア化粧水での改善は難しいですが、予防や肌症状を軽くすることは可能です。紫外線対策と保湿が非常に大事なポイントとなります。保湿をしっかり行うことで肌のターンオーバーや肌バリアの力を正常にすることが出来るようになり、肌の環境が整います。酸化や糖化にこだわらずに老け感を改善したい場合は、豚や羊、馬などの胎盤から抽出されるプラセンタエキスやコラーゲンとエラスチンなどがおすすめです。

身近な抗酸化物質である水溶性ビタミンC誘導体は美白成分として有名ですが、コラーゲン生成促進作用もあり、毛穴を引き締める効果もあるため、美白化粧水だけでなくエイジングケア化粧水でもよく使われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *