化粧水に配合された大豆エキス、プエラリアの比較

化粧水には女性ホルモン様作用のあるエキスが配合される場合があります。ひとつは大豆エキスですが、そのエキスには大豆イソフラボンという成分が含まれていて、化粧水には配合しやすく、水やその他の成分とも馴染みやすい液体となります。肌に弾力を与え、産毛を薄くする、美白作用があるといったメリットがあります。続いて、もうひとつはプエラリアミリフィカについてですが、これも大豆と似通った女性ホルモン様作用を持ちます。

大豆と比較すると明らかに違うポイントが幾つも見かけられます。大豆エキスにはイソフラボン以外にもレシチンやミネラル、サポニンを含んでいて、人によっては刺激や痒みになる場合があります。プエラリアミリフィカの場合では、イソフラボン類を幾つも含んでいますから、美白作用が強く、肌に弾力を与える作用が前者のエキスよりも突出しています。更に比較すると、プエラリアミリフィカはどちらかと言えば貴重なハーブであり、化粧水に配合される事は少なめです。

しかし、水に溶けやすくても、皮膚に塗布した場合には、凝固しやすい性質を持ちますから、使い方が難しい物になります。大豆ならポピュラーな豆ですから、簡単にその豆からエキスを抽出が出来ます。比較的に原価もプエラリアミリフィカよりも安く、生産、抽出しやすいので、コストが気になるならば前者のエキスの方が良いのです。プエラリアミリフィカの場合はコストパフォーマンスが気になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です