化粧水の比較、成分記載表を確認すべき

化粧水はたくさん流通しています。使用目的は保湿、皮膚の保護、エイジングケア、ニキビ解消、皮脂抑制、美白、シワや弛み改善、シミやそばかすの解決といった、目的の幅が広いのです。消費者ならば出来る限り効果があって、自分の肌質に合う物が良いのです。しかし、化粧水は劣化しますから、極力は劣化しないように保存料を使用している場合は多いのです。

化粧水を比較する際に確認したいのは成分記載表です。医薬部外品を除いて、化粧品に配合した大体の成分を成分記載表という形で、必ず公開しなければならない義務があります。自分の肌に合うか、刺激が少ないか判断するには、やはり比較する手段は必要になります。注意すべき保存料は安息香酸ナトリウム、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エチルパラベン、合成着色料です。

保存料を使用する目的は先に挙げた通り、化粧水の劣化を防ぐ為に使う物ですが、挙げた保存料は炎症や痒み、皮膚のトラブルを誘発させる可能性のある物です。しかし、中でもメチルパラベンは他の保存料と比較すれば、安全な方にはなります。しかも保存料を配合する量はパーセントであらわせば、化粧水の量の内、約1パーセント未満になります。そして最後に合成着色料ですが、これは食品添加物としても使われる食紅とほとんど似通った物で、刺激が強いのです。

タール色素とも呼ばれますが、殺菌効果があり、菌の繁殖を抑制しますが、出来るならば使用は避けたい成分となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *