通常の化粧水とナノ化した化粧品の比較

化粧水は肌の乾燥を防ぐ為に使う物でもありますが、配合している大体の成分は「分子が大きい」のです。肌には毛穴という、目では確認しにくい小さな穴がありますが、その毛穴よりも大きい成分は多いのです。したがって、通常の化粧水に配合された有効成分の分子からして、肌に留まるのは基本的には表皮までとなります。しかし、例外はあります。

有効成分をナノテクノロジー化(およそ10億分の1メートル)した場合、分子は非常に小さくなり、毛穴の奥まで入り込みます。ナノテクノロジー化していない、分子量が大きく、表皮に留まる有効成分と比較すると、「効き目が抜群」なのです。化粧品を使用する場合、可能ならば分子量を小さくした有効成分を配合した、化粧水を使う方が比較的、早く効力を実感出来ます。理由としては、皮膚も栄養を吸収しますが、表皮に留まる成分は吸収出来ない事がほとんどになります。

しかし、ナノテクノロジー化して有効成分を非常に小さくすると、皮膚がその分子が小さい成分を吸収しやすくなります。一例を出して比較するならば、コラーゲンをナノテクノロジー化して肌につける場合と、何も技術をかけていないコラーゲンを皮膚につける場合では、全く効果が違います。コラーゲンは大きい分子の為、表皮に留まり、肌が吸収できないのですが、ナノテクノロジー化したコラーゲンならば皮膚は吸収します。使い続けていくと弾力が増す、艶が出てくるといった様子を表し始めるのです。

ロダン&フィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *