化粧品サンプルの重要性

新しい化粧品を試す際には、出来ればサンプルを使用した方が良いです。自分は敏感肌ではないので大丈夫、と思っているかもしれませんが、化粧品は直接肌に付ける物なので、もしかすると自身の肌に合わない可能性もあります。乾燥している肌は機能が衰えているのでちょっとした刺激にも弱くなります。最近は秋や冬に限らずエアコンという空調管理が整っている環境が当たり前になっているので、春や夏でも自分が想像した以上に乾燥していることもあります。

また今までは大丈夫でも急にアレルギー反応が出る可能性もあります。そのためサンプルで試してみる、ということは非常に重要なのです。化粧品のサンプルはドラッグストア等で商品と一緒に陳列されています。出来れば目立たない二の腕の内側の様な肌の柔らかい部分や手の甲等、目立たない部分でパッチテストとして試してみることをお勧めします。

化粧品のサンプルを皮膚に塗り、絆創膏を上から貼り様子を見るのですが、すぐに肌が赤くならなかったりブツブツができなかったからと言って、問題がないわけではありません。すぐに皮膚に異常が現れなくとも24~48時間後に反応がある場合もあると言われています。そのため購入する前にパッチテストを最低でも2日前に行っておくことで安全に化粧品を使用することが出来ます。人の身体は産まれてからずっと同じわけではありません。

加齢により肌を含め身体の状態は変化していきます。そのため自分は大丈夫、と思い込まずにサンプルで試してみることは肌トラブルを回避するためにも重要な事なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *