所有している不動産を賃貸する方法

所有している不動産を賃貸したいと思ったら、何から始めれば良いのでしょうか。

賃貸物件として入居者を募集できるのは、アパートや賃貸マンションといった物件の他に分譲マンションや一戸建てがあります。元々は自分が住むために購入し実際に住んでいたとしても、何らかの事情で引越しを余儀なくされることがあります。代表的な例を挙げれば会社の転勤です。

急な転勤で二年間程別の場所に住まなければならなくなったとしても、せっかく購入したマイホームは売却せずに戻ってくるまでそのままにしておきたいでしょう。ただ、二年という長い間誰も住んでいないと劣化が進みやすくなります。定期的に風を通したり部屋の状況を確認しなければなりません。転勤している間に何度も戻ってくることは難しいですし現実的ではありません。そのようなリスクを考えると、賃貸して誰かに住んでもらった方がメリットは大きいでしょう。もちろん貸している間は家賃収入が入ってきます。家賃収入をローンの返済に充てれば、支払いに困ることもないでしょう。

貸すことを決めたら、どの程度の家賃で貸せるのか考えていきます。インターネットの不動産情報サイトを利用すると近隣の相場を知ることができます。希望の家賃が決まったら不動産業者に連絡して査定を受けましょう。業者の方で提示する家賃に納得できたら、入居者募集の広告を出してもらいます。契約から物件の管理まで全て任せることになるため、信頼できる業者を選ぶことが大切になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *